一足先に。

母の英検1次結果がでましたよ。

結果は無事合格です。

わーい。

わーい。

わーい、わーい、わーい。

喜びすぎて、地下鉄一つ乗り過ごしました。。。


そういえば、通訳案内士の合格見に行った時も
JR乗り間違って空港方面へ行ってしまったんだった。。

わたくし、凹んでも冷静でいられるのですが
うれしいときは舞い上がるようで、
ホント危なっかしい。。。


そして息子君の受験は11日で終了。

滑り止め2校とチャレンジ校2校、計4校を受験したのですが
初日、すべり止めのつもりだったところをこけてしまい
その後の本命3連続(1校を3日連続で受けたので)はさらに撃沈。

どうなることやらで気を引き締めなおし
次のすべり止め校を全力受験。
こちらはさすがに自己採点で7割超えていたので
たぶん大丈夫だろうと一安心。

そのあと、初日に受けた同じ大学の2回目受験。
こちらはなんと、英語が8割近い正答率!
国語は自己採点が難しいのですが
世界史も7割近く解けていたので
おそらく安全圏ではなかろうかと。

息子君、「試験本番でも成長できるってことやね!」
と自信をつけて臨んだ最終日。

実は日東駒専のうちの一校をうけまして。。。
息子君としては最大のチャレンジ校
というかほんと、無謀レベルなんですがね。

ただ、もう1個の本命校と比べると難易度は確かに高いのですが
出題は比較的すなおというのが過去問を解いた印象。

だってね、地元のF大さん
問題の出し方がわかりづらい。。

毎日息子のために解答速報出す母の身にもなってくれよ・・・。

とまあ、そんなこんなで怒涛の11日間を過ごした後の
朗報ですので、地下鉄乗り過ごしくらいするよね。
(え?しない??)

ちなみにスコアは

Reading: 670/850
Listening: 721/850
Writing: 689/850

Total: 2080/2550

合格基準は2028でした。

ところでスコアの横にある英検バンドってなに?

と思って調べてみたのですが
いまいちよくわからん。

スコアをいくつかのレベルに分けて
合格基準にどれくらい近いかを見るためのものらしいのですが
そもそもこれって必要??

今回のわたくしの英検バンドはG1+3だったんですが

+3はいいとして、G1って??

うーん・・・。

久々に受けた英検はいろいろリニューアルしてて
なにかと驚いてしまいますが、とにかく大切なのは2次対策ですよね。

息子君の合格を祈りつつ、あと10日ちょい
母は試験勉強継続しますよ。

さて、結果まちの息子君は本日友達とお出かけ。

合格決まったわけじゃないんだけど
もう遊びほうけてる。。。

まあ、いっか。

合否の出てない今が実は一番、みんなと遊びやすい時期なのかもしれないしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック