本ばかり。

買っております。

英会話に行けないので
オンライン英会話に入会することも考えたのですが
検討中のオンライン英会話は
ネイティブレッスンが高いのもあって
ちょっと検討中。

それに、英語ネイティブって今
例のウィルスでそれどこじゃない国々の出身だよね。

とか余計なことまで考えてしまい
二の足を踏んでおります。

で、面白いことを始めた。

リスニング教材は星の数ほどありますが
私が個人的にいいなと思っているのは
アルク社の「究極の~」シリーズ。

日常会話やビジネス英語など
いくつかジャンルがありますが

一般的な会話を身に着けるには
こちらがおすすめ。

CD付 究極の英語リスニング Vol.1 ― SVL 1000語レベルで1万語[最初の1000語] (究極シリーズ) - 英語出版編集部
CD付 究極の英語リスニング Vol.1 ― SVL 1000語レベルで1万語[最初の1000語] (究極シリーズ) - 英語出版編集部

単語のレベル別に分かれて
1~5くらいまであるみたいですが
上のレベルに行くとなぜか低評価。。

それはさておきこの教材で何をするかというと
リスニングではなく、リーディング&シャドーイング。

レビューをみるとわかりますが
この教材、音声スピードがかなりまちまち。
各チャプターの最初は気持ち悪く感じるくらい「のろい」

VOL4とかになるとそれなりのレベルの人が聞くんだし
遅いやつはいらないんじゃない?
とも思いましたが
遅い音声はシャドーイングに使えるやん、と思いついた。

シャドーイングとは、音声を止めずに
聞いた英語にかぶせて発音すること。

意味を理解しないままシャドーイングしても
実はあんまり意味がないのですが
この本は単語レベル別になっているので
かつ、シンプルな文が多いので
シャドーイング教材としてはかなり優秀。

自分の単語レベルより1つ2つ低めの本を選んで
遅い音声はいきなりシャドーイング
早い音声はリスニング&スクリプトリーディング。
そして、文の意味をつかんだら
早い音声もシャドーイングしてみる。

さらに、リーディングの時は
自分の動画を撮ってみた。

が、これが自分でもびっくりするくらい下手。

一応、英会話講師してたのですが
で、その時はネィティブ講師からも
発音はいいとお墨付きもらってたはずなのですが
毎日英語話さないようになると
口の筋肉衰えるのかな。

正直自分の動画って恥ずかしくて
見たくないですが
これが他人のみている自分の話し方なのかと
冷静に見るためにも
動画で自分の英語を確認するのはいいな、と。

まあ、一人学習も限界あるので
来月くらいからオンライン英会話も
始める予定ですが
まず、自分でもできることやって
英語力キープ。

ってかこの際、英語力アップを目指しますよ。

そうそう、先日のオンライン家庭教師は
今のところ、希望者なし。

なかなかね。
必要な人に情報って届かないのかな。

あ、なのでこのブログ見た方で
「英語家庭教師してほしい」って方は、
ページ左にあるプロフィール欄よりメッセージ送信ください。

英語難民に愛の手を!

それでは、今日はこの辺で。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント