対価は「自由」

先月末から引継ぎをオンラインでやっている現職ですが
6月中旬で円満(?)退社が決まり
来月後半は猫とのんびり過ごす予定となりました。

ええ、そうです。
猫かっちゃいましたの。

しかしこうなると
ますます出勤したくなくなる・・・。

湿度と太陽光に弱いらしいから
夏の間は収まっても
いつ復活するかも分からないしね。

本当は、今回の仕事おわったら
英語教室開校しよう!とか張り切ってたんですが
この状況でニュービジネスは
リスク高すぎなんで結局また就活することになりそう。

3か月半在宅やってみて思うのは
一人だとすごい仕事はかどる反面
ぼっちで8時間労働は正直きつかった
ということ。

隣の人と無駄話もぜず
24時間の3分の一もの時間を
一人黙々と「処理」に費やせば
いやになるのも当然だ。

で、思ったのが
本当のネックはこの給料の払い方なのではないか?

ということ。

事務員の評価って難しい。

例えば前任者が8時間でやってた仕事を
6時間でやれるよう業務改善したら
8時間分の給料もらって6時間で退社したい。

が、実際はあまった2時間には
余計な仕事が降ってくるだけなのだ。

仕事はできる人のところに
集まってしまうという性質がある。
だれだって、早く正確な仕事をしてくれる人に
頼みたいのが当たり前だからね。

で、忙しい人はますます忙しく
暇なひとはますます暇になるが

お給料はそんなに劇的に変わることはなく
不公平感と疲労は募る。

とりあえず現時点での業務量を”1”として
そこから少しでも業務改善で時間を減らせたら
それは評価してもらいたい。

給料そのままで、早く帰ることができたり
時間はそのままで新しい業務を請け負うなら
給料もその分増えるとか
そういうシステムを導入してくれたら
マンネリ化しがちな事務作業だって
もっとやりがいもってやれるのになあ、と思う。

在宅勤務が可能になることで
「場所」に縛られることがなくなったら
次は「時間」の縛りをなくすのが目標だな。

フレキシブルな環境には
優秀な人が集まるんだから
生き残りをかけた人材確保ってやつを
会社も本気でやってほしいもんです。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント